田舎で働く税理士の日記

jsbogp.exblog.jp
ブログトップ

舛添氏「時期が来たら」新著で首相の座に意欲(読売新聞)

 自民党の舛添要一・前厚生労働相が、新著「内閣総理大臣 増補版」(角川書店)を10日に出版する。

 最近の各社世論調査で自らが「首相にふさわしい人」の上位に取り上げられていることを踏まえ、「むろん時期が来たら、私自身がリーダーシップを取ることを拒否はしない」として、首相の座に意欲を見せている。

 著書では、鳩山政権の迷走ぶりから、今後、政界再編が起きると“予言”。「新しい自民党として生まれ変わっていれば、再編に乗じて新・自民党に多くの優秀な人材を吸収できる」として、党の「新生」を呼びかけている。

スカイマーク、茨城空港に神戸と結ぶ初の国内定期便就航へ(産経新聞)
L&G元会長に懲役18年求刑 「円天、空前の大詐欺」(産経新聞)
住宅火災、2人死亡=夫婦と連絡取れず−埼玉(時事通信)
明細書発行を義務付け=来年度から患者全員に無料で−中医協(時事通信)
「頑張って」と言ってない=首相、小沢氏との会談で(時事通信)
[PR]
by yu5tyipjv7 | 2010-02-11 09:02